2004年04月

2004年04月30日

表彰式が見たいね。

[キャンベラ 28日 ロイター] オーストラリアの王立動物虐待防止協会(RSPCA)は、意識不明になった飼い主の異常を知らせ、命を救ったカンガルーの「ルル」に対し、その勇敢な行動をたたえる賞を贈ることを決めた。
 
ビクトリア州メルボルンの近郊で農場主のレナード・リチャーズさんに飼われていたルルは昨年9月、強風による農場の被害状況を見回っていたリチャーズさんが、落ちてきた枝で頭を打って意識を失った際、家にいた夫人が異常に気づくまで、ほえ続けた。

 夫人が発見した時、ルルはリチャーズさんを守るように、助けが来るのを待っていたという。リチャーズさんは病院に運ばれ、無事手当てを受けることができた。

 ルルは4年以上前、交通事故に巻き込まれて死んだ母親の腹袋の中から助け出され、以来リチャーズ家で育てられていた。

 表彰式は来月行われる。



ルルちゃん、どんな声で吠えたんでしょう!?
7cyde5xf.JPG


at 23:02|Permalink動物 

2004年04月29日

舌の謎。

ピコはちょろり舌の子。
ペットショップのケースの中にいた頃からちょろり舌。
と言ってもず~っと出っ放しな訳ではない。

シー・ズーはもともと下顎が出ている子がほとんどらしい。
その影響でちょろり舌の子は珍しくはないという。
獣医さんによるとピコの場合はどうも少し違うらしい。
噛み合せは悪くないし、歯並びもきれいではないが
異常なほどでもない。
おそらく舌が長いんでしょうとのお話。

たいてい普段は0.5~1cmくらい薄い舌がちょろりんしている。
これが怖がっているとき、怒っているとき、おすまししているときは、
ちゃ~んと口の中に収納されている。
反対にリラックスしているとき、うれしいとき、眠いときは、
濃いピンクで厚ぼったい舌が全開でこんにちはしている。
実は感情表現の高度な道具だったりする。(?)




でもね、寝ている時もちょろりんしてるの。
528hc2lx.JPG


at 12:11|Permalink動物 

2004年04月28日

異常気象。

今日の関東地方の天気予報は
一日中晴れ、降水確率10%だったのに。
急にどんより曇りだして午前11:00ごろには
雷を伴うドシャ降りに。
と思ったら、1時間ぐらいで急激に晴れ出した。
紫外線のキツイことといったら。

素人が思うにこれってスコールじゃないの?
あの亜熱帯気候特有の。
日本がタイとかインドネシア化してるってことなの?


先週鹿児島に旅行に行った友達が言っていたのだけれど、
もう鹿児島では蝉が鳴いてるって。
・・・間違いないらしい。

at 11:55|Permalink

2004年04月27日

ペコちゃんだけじゃなかった。

不二家のペコちゃんを売買目的で盗んだ犯人が捕まった。

そのニュースを聞いて思い出した事がある。

兄が学生だった頃、
ある飲み会で記憶が飛ぶまで酔っ払ってしまい
友達の家に泊まらせてもらったそう。

翌日目覚めると、自分を含めて3人が川の字で寝ていた。
「誰だ!?この人」とおそるおそる毛布をめくり上げてみると、
川の字の真ん中はケ○タッキーおじさんだった。

慌てて友達と二人でおじさんを担ぎお店に返しに行き、
とにかくとにかくひたすら謝りなんとか許してもらったそう。
数日後、私がそのお店の前を通りかかると
おじさんの足は鉄の支柱に鎖でぐるぐる巻きにされていた。
wfdxv5ln.GIF


at 18:59|Permalink食べ物 

2004年04月26日

ファーブル検定。

pyjo8d39.GIF

調べ物をしていたら偶然こんなサイトを発見してしまいました。
ほほえましくって、ちょっと楽しくなりました。



http://www.fabre-ken.com/kentei.html

at 18:11|Permalinkマイトリビア